サラダバーファミリー

たこ焼き買ってきて

バケットリストについて考えてみる。

最高の人生の見つけ方」という映画の中に出てくる、バケットリスト。

余命を宣告された2人が、残りの人生でやっておきたいことをリスト化したものである。

 

若い頃は、やってみたい事とか、欲しいものとかが沢山あった気がするが、

アラサーと言われる年齢になって、そういった事がゴッソリなくなってしまった気がする。

 

その願望は、誰かから認められる事や、誰かからこう見られたいという気持ちが形を変えたものだった。と今になって思う。

 

今も、もちろん認められたいという気持ちはあるが、

昔より落ち着いてしまったというか、自分を俯瞰的に見て冷静になったというか。

 

他人の事も少しずつ、どう思われたって良い、という風に考え方が変わってきている。(でもおそらく、人と比べたら、気にしいである)

 

しかし!

 

願望が無いと、なんか辛いのだ。

願望を純粋に、人生を楽しむためのものとして、改めてリスト化してみたい。

と思い立った。

 

このリストは暇なときに考えて、随時更新したい。

 

【バケットリスト】 ◎:完、△:取り組み中、◯:未

◎万年筆を手に入れる。→2017/6/10 プラチナ#3776センチュリー購入。

冷え性の改善。

◯見ず知らずの人に親切にする。

シタールを弾く。

赤福を大量に食べる。

福砂屋のカステラを食べる。

◯お茶会開催。

◯人と写真を撮るときに変な顔にならないようになる。

◯1人でリゾート地に行き、のんびり過ごす。

◯キャンプ(野外でコーヒー、寝袋に包まって星を見る)