サラダバーファミリー

たこ焼き買ってきて

【読書 003】超ひも理論をパパに習ってみた 天才物理学者・浪速阪教授の70分講義/橋本 幸士

僕は、高校物理までしか習っていないから、

超ひも理論量子力学、などと言われても、なんのことかサッパリである。

 

しかし、この本を読んで、"なんとなく"わかった。

超ひも理論って、こういう考え方なんだ、という事はわかったのではないか、と。

(説明しろと言われるとツライかも知れない)

 

小学生の頃、理科が好きだった。

宇宙のことや、相対性理論などについて考えていると、

「なんで?どうなってるの?本当に?」というような、はてなの連続で、

そのモヤモヤ感と興奮状態が合わさったような感覚になっていた。

 

本を読んでいる間、ずっとこの感覚になっていた。

"知りたい"という欲求を刺激してくれて、知識がなくてもスラスラ読んでいける。

 

高校生の頃に読んでいたら、理学部に進学していたかも知れないと思うくらいに。

 

この本をきっかけに、少しずつステップアップして、

他の本も読んでいきたいと思いました。