サラダバーファミリー

たこ焼き買ってきて

Logic Pro XでFF6の大団円を打ち込んでみる

Logic Pro Xは、実は前から持っていた。

オーディオインターフェースも一緒に買って、ギターをパソコンに繋ぎ、

適当に録音して遊んだり、曲のアイデア?みたいなものも作っていた。

 

打ち込みに関しては、元から入っている音源で、

ドラムとベースを打ち込むくらいだった。

単純なリズムなら、結構簡単に打ち込める。

 

でも実は、もっと他の楽器を打ち込んでみたり、

DTMやってます(?)と言えるような人に憧れを持っていた。

 

そこで今回は、耳コピとLogicの使い方を学ぶという意味で、

FF6の『大団円』という曲を打ち込んでみた。

 

www.youtube.com

 

わかったこと・反省点・不明点など

・音作りは、ほぼしていない。原曲がオーケストラの楽器だったため、不要だった。

・バイオリンの音の立ち上がりにエッジを持たせるにはどうしたらいいんだろう?

・おそらく和音の耳コピが苦手で、取りこぼしている。

・単音の耳コピでも1〜3音ずつ確かめるなど、地道な作業だった。

ティンパニ耳コピは、ピアノでやったほうがわかりやすい。

DTM楽しい。

 

また、何か曲を打ち込んだらアップしてみたい。