サラダバーファミリー

たこ焼き買ってきて

【読書 001】ヒキコモリ漂流記/山田ルイ53世

一昔前にブレイクした芸人、髭男爵山田ルイ53世が本を出していることを最近知った。
なんと中学生までは、神童と呼ばれるほどのエリートコースを歩んでいたが、
中学二年生の夏から、引きこもってしまったらしい。

面白そうな内容だったので、早速kindleで購入して読んでみた。


読んでみて個人的に面白いな、と思った考え方は『人生が余ってしまった』というもの。

結局学校をやめた。晴れて、中卒になったわけだ。もはや、自分の人生が何が何だかわからない状態で、「なんか人生が大分あまってしまったな〜……」という心境だった。


山田ルイ53世にとっては、"誰もが羨むエリートコースを歩むこと"が人生のすべてだったのだと思う。
そのレールを外れた時点で、その後の人生にはそれほど価値を感じない。
だから、失敗した後の"余った人生"を歩まなければいけない。
きっとそんな気持ちなのだろうと思った。

山田ルイ53世は、その気持ちを抱えたまま大学生になり、友人との考え方の違いに気付く。

そうか、人は簡単に、「芸人になる」とか言えない。そんな決断はできないのだ……(中略)
僕と彼、彼らとでは本質的に違っていた。僕と違って、みんなは人生が大事だった。その人生を軽く扱うことなどできないのだ。
当然だ。みんな、それぞれ自分なりに、真面目に積み重ねてきた、その上に立って生きていた。生活していた。(中略)
反面、僕が当時思っていたことと言えば、いまだ「だいぶ人生が余ってしまったな〜……」ということだった。持て余していたのだ。あまりに思い描いていたものと違う人生を、キチンと考えて生きる気力もなく、意味も見出せていなかった。


この考え方は、自分にはない考え方だった。
みんなきっと自分の人生を大事にしている。でも大事にしすぎるからこそ、動けなくなっている人も沢山いると思う。(自分もその一人である)
大事にしすぎるから、自分が本当にしたいことを出来ない。人と違うことを極端に恐れる。冒険せず、安心できる道を選ぶ。
結果、よくある普通の人生になる。

"普通の人生"が良いとか悪いとかは置いておいて、人生を大切にしすぎることが悪い方に作用していないかどうか?を自分に問うことが大切なのだと思った。

そしてこの本は、そのきっかけを与えてくれると思う。


【好きな音楽 004】転がる岩、君に朝が降る/ASIAN KUNG-FU GENERATION

大学生の頃、何度も聴いて、感動した曲。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの『転がる岩、君に朝が降る

 

僕は"世界を変えたい"というのは、"何か大きいことを成す"ことの比喩だと思っている。

何か大きいことを成したら、つまらくてうまくいかない日常が変わってくれるかもしれない。

何にもない自分のことを少し好きになれるかもしれないし、自分のことをわかってくれる人が現れるかもしれない。

だけど、それは全て空想の世界であり、現実にいるのは何もない空っぽの自分。

 

何をすればいいかもわからない。

でも何かをしたいと思ったその気持ちから、少しずつ変わり始めているかもしれない、と自分に希望を持たせてくれる曲だと思います。

 

www.youtube.com

  

【好きな音楽 003】バリバリ最強No.1/FEEL SO BAD

僕はどちらかと言うと"弱い"。
打たれ弱く、クヨクヨ悩む、声が小さい、少食、体が細い、冷え症。
弱さをイメージさせる要素を持ちすぎていないだろうか…

そんな自分を勇気づける曲。
FEEL SO BADの『バリバリ最強No.1』

1996年(21年前!?)に放送されていた、
地獄先生ぬ〜べ〜のオープニングテーマでも使用されている。

www.youtube.com

歌詞をじっくり見てみると、
自分に対して『俺は強いんだ』と言い聞かせているようにも思える。

本当は弱いからこそ出る言葉のような気もしてくる。

そして『バリバリ最強』という、少し気の抜けてしまう言葉。
この言葉だからこそ、リラックスした状態で、俺は強いのだ、と宣言出来るのではないだろうか。

【好きな漫画 001】だんでらいおん/空知英秋

なんとなく人生が辛くなったとき、苦しくなったときに読んでしまう漫画がある。

それは銀魂1巻に収録されている読み切りの漫画『だんでらいおん』である。

この短い読み切りの漫画は、なぜか飽きてしまうことがなく、なぜかいつも泣いてしまうのです。

 

1ヶ月前に風呂場で転倒し死亡した、中山春吉76歳は、

冷蔵庫のプリンを勝手に食べたことで、喧嘩別れしてしまった奥さんと仲直りしたいと思っていた。

しかし、その人を強く想う気持ちが、奥さんを死後の世界へ引き寄せてしまう可能性があることを知る。

 

『失ってみないと自分の大事なもんが見えてこん。

気づいた時にゃ手なんか届かないことばかりだ。』

              銀魂1巻 だんでらいおん より 

 

過去のことを後悔し、悲しみながらも、"今出来ること"を大事にして行動していくというストーリーです。

読み終わった時には、じんわりと泣けて、前を向いて行動しようと思える漫画です。

  

【好きな音楽 002】茜色の夕日/フジファブリック

フジファブリックは、自分が高校生から大学生の頃によく聴いていた。

志村さんが亡くなってしまってからは、聴く機会も減ってしまったのだけれど、

奥田民生さんがカバーした『茜色の夕日』を聴いて、フジファブリックの楽曲の良さを再認識して、また聴きたくなってしまった。

奥田民生が歌っていても全く違和感がない。

夏の終わりに、日が少しずつ短くなっていく風景を見ながら、

自分の記憶を思い出して、寂しくなったり、切なくなったりしているような歌詞です。

 

www.youtube.com

 

本当にいい歌だと思います。

 

【好きな音楽 001】透明少女/NUMBER GIRL

僕の趣味のひとつに音楽がある。

中学生の頃からエレキベースを始めて、その後もエレキギター、ドラムと色々楽器をいじって遊んだりしていた。

中学生の頃、バンドってなんて格好いいんだろう、と思わせてくれた曲がある。

曲を聞いた瞬間、曲の世界へ取り込まれてしまう。

音質の悪ささえも、生々しいバンドサウンドとして癖になってしまう。

 

その曲は、NUMBER GIRLというアーティストの、『透明少女』という曲です。

本当に何回リピートして聞いたか、わからないです。

 

www.youtube.com

 

この曲を聞いてビビッときた方、他の曲も聞いてみてください。

 『透明少女』はアルバム、School Girl Distortional Addictに収録されています。

本当におすすめです、ぜひ。

 

若井おさむのエピソード

最近知って、かなり驚いたのは

一昔前にブレイクした若井おさむのエピソードである。

20代前半の頃、幼い頃から続く母親と兄からの家庭内暴力による虐待に耐えかね、自宅を離れて居酒屋の経営(父親の出資でテーブル3つ、カウンター7席ほどの小さな店)を始める。

数年の後、若井が生家を離れたことで虐待の対象が父親に飛び火し、父親は理不尽な暴力を受けていた。その状況を聞いた若井は父親に何度も離婚を勧めたが、父親は決断しかねていた。悩み続けた末、父親はついに離婚を決意したことを若井に報告に来たが、その夜に自殺してしまった。若井は堪えきれず、父の葬儀で「お父さん殺したんはお前や!」と母親を責めたが、母方の親族にも取り合ってもらえずに絶望したという。遺産のことで家族ともめたくなかった若井は、自ら父の遺産相続はすべて放棄する旨の念書を書いて母親に渡したが、皮肉なことに父親の出資で始めた居酒屋(その頃には相当な繁盛店になっていた)は父親名義のままであったため、すべて母と兄側に渡ってしまった。

途方に暮れた若井は、死に場所を探すために東南アジアへ旅に出た。数ヶ月の後、たまたま知り合った日本人観光客から、「ダウンタウン松本人志さんがドラマ(『伝説の教師』)をやっている」ということを聞かされる。ダウンタウンの大ファンであり書籍もすべて読んでいた若井は、笑い一辺倒だった松本がドラマをやるはずがないと驚愕し、自分の目で確認するため1週間ほど帰国。そしてたまたま見た回(第8回)が、自殺をするな、というメッセージの回であった。これを見た若井は号泣し、自殺を思いとどまった。そして今度は楽しい旅をするため、再び東南アジアを旅して回った。その途中、インド滞在中の若井の連絡先を突き止めた元彼女の誘いでバンコクの空港で落ち合い、帰国を促されて日本に戻った。その後、お笑いの道を志し、NSCへと進んだ。

若井の両腕の上腕部にはタトゥーが彫られている。右腕には横書きで「036」(おさむ)と自身の名前が彫られており、左腕には縦書きで「LOVE PEACE」と彫られている。そのタトゥーを彫った時に掛かった費用は500円だった。これは、東南アジア放浪時にタイで「愛」と「平和」、そして「自分自身」が大切だという事を悟り、その想いを忘れないために彫ったものである。

   若井おさむ - Wikipedia (2017/6/29閲覧)

 

伝説の教師(第8回)では、何のために生まれてきたのか?何故生きるのか?という問いに対して、

『笑うためや。笑いながら生きるということが人間としての証なんや』と答えている。

 

笑って居られれば、オールオッケー。

とまではいかないかも知れないけど、凄く良い答えだなぁと思います。